彼が浮気していたら、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)の中が真っ白になって涙がこみあげてきた後、怒りにおそわれ、ついうっかりガミガミと怒ってしまいがちですよね。しかし、その彼と別れる気が無いためあれば、怒りたい気持ち(その時々で変化していくものです)をぐっと抑えて下さい。騙されていたと思うと、色々言いたくなるその気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)はよく分かります。でも、言い合いをすることで何か解決になるんでしょうか?傷ついた心が癒される訳でもないし、言い合いをしたところですっきりする訳でもないのです。むしろ彼の心を遠ざける事になってしまうこともあります。なので、彼の浮気が発覚した時はしおらしい女を演じてみて下さいね。これは、彼に“この子を俺のせいでこんなに傷つけてしまった・・・。俺は、この子を守りたい”と思わせる為です。彼女がいると知っていながら彼とお付き合いを行っている女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)というものは、何枚も上手の人が多い為に、もちろん、恋愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)の駆け引きも上手です。そして、彼が彼女に戻らないように自分に繋ぎとめておく事に必死ですから、彼に取って居心地が悪いようには絶対にしないでしょう。浮気相手に打ち勝つには、しおらしい女を演じるのが一番になるでしょう。男性と言うものは、如何しても強い女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)と言うのが苦手で、ガミガミ怒られると逃げだしたくなる生き物です。いつの時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)の男性も、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)には“守ってあげなくてはいけない”という概念がありますから、その道理にかなうしおらしい女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)を演じて守ってあげたいと思わせてください。今後、彼を浮気させないためには、この浮気を2人の絆に変えて行くことができるように、彼よりも一枚上手くなって下さいねー